月別アーカイブ: 2016年12月

2016年を振り返って

2016年を振り返って。 職場であるDBCLSの一部が三島に移って3年目。「連携していない」とお叱りを受けてきたDDBJとの連携に重点を置いた。5月にINSDCのミーティングに参加して、その際に同時に行ったDDBJとEB … 続きを読む

カテゴリー: 雑感 | 2016年を振り返って はコメントを受け付けていません。

2016年出張外泊数

一昨年から数えだしている「仕事で外泊」した日数。明日(12月28日)で2016年仕事納め、というわけで、2016年の日数確定。 なんと77泊。 1年は365日なので、単純に計算しても5日に1日は外泊している。2014 … 続きを読む

カテゴリー: 雑感 | 2016年出張外泊数 はコメントを受け付けていません。

Trim Galore! のインストール

Trim Galore! (trim_galore)を使うためにはfastqcとcutadaptのインストールが必要となる。cutadaptはpipでインストールできるのだが、そのpipはデフォルトでは入っていない … 続きを読む

カテゴリー: 2010年代のバイオインフォマティクス, データベース生物学, 趣味のプログラミング | Trim Galore! のインストール はコメントを受け付けていません。

倉廩実ちて礼節を知る

今月(2016年12月)は、AJACSadvanced講習会や共同研究関係で、次世代シークエンサーから得られたデータを自ら直接解析することに関わる事が多く。1サンプルあたり数Gb-数十Gbの大きな配列データを直接データ解 … 続きを読む

カテゴリー: 2010年代のバイオインフォマティクス, データベース生物学, 趣味のプログラミング, 雑感 | 倉廩実ちて礼節を知る はコメントを受け付けていません。

bashのバッチスクリプト

ワイルドカードによるファイル指定でそのコマンドに一括で引数で指定できず、数多くのファイルに対して同じ処理を繰り返したい時。もしくはそのファイルの数が数万とか多く、引数指定するには数が多くなりすぎて無理な時。シェルス … 続きを読む

カテゴリー: 2010年代のバイオインフォマティクス, データベース生物学, 趣味のプログラミング | bashのバッチスクリプト はコメントを受け付けていません。

バックアップツールとしてのrsync

卒論、修論、追い込みの方も多い今日このごろ、バックアップは重要。大事なデータほどきっちりとバックアップを。もちろん、簡便にフォルダのコピーだけでもよいのだが、何回もコピー続けていると何回も同じファイルを重複してコピー … 続きを読む

カテゴリー: 2010年代のバイオインフォマティクス, データベース生物学, 趣味のプログラミング | バックアップツールとしてのrsync はコメントを受け付けていません。

Pfamから得たプロファイルHMMでhmmsearch

カイコ(Bombyx mori)のEnolaseに関する論文がacceptになりました。研究成果としてすでに公開されている配列情報データベースから候補をドライ解析(in silico)で探し出してきて、それらをウェットベ … 続きを読む

カテゴリー: 2010年代のバイオインフォマティクス, データベース生物学 | Pfamから得たプロファイルHMMでhmmsearch はコメントを受け付けていません。

PGXユーザー勉強会#1

Oracle Labs PGX(Parallel Graph Analytics) というグラフに対するクエリや分析のためのフレームワークのユーザー勉強会にお誘いいただいたので、参加。かつては専用のプログラムを書いてKE … 続きを読む

カテゴリー: 2010年代のバイオインフォマティクス, データベース生物学, 趣味のプログラミング, 雑感 | PGXユーザー勉強会#1 はコメントを受け付けていません。

Trinityの結果をtransdecoderでアミノ酸配列に翻訳する

先日のAJACSadvanced講習会で、Trinityで得た結果をアミノ酸配列に翻訳するプログラムをここで言及していないのに気がついたので。Trinityで得られるのは塩基配列レベルの情報で、それをアミノ酸配列に翻訳し … 続きを読む

カテゴリー: 2010年代のバイオインフォマティクス, データベース生物学 | Trinityの結果をtransdecoderでアミノ酸配列に翻訳する はコメントを受け付けていません。

遺伝研研究会+DDBJing+AJACSadvanced講習会

今回の遺伝研研究会では、初の試みとして講習会を連続開催してみた。つまり、研究会をやる前(1日目午前)と後(2日目午後)に講習会を実施した。それぞれのパートだけの参加者ももちろん居たが、研究会のついでに参加という効果もあっ … 続きを読む

カテゴリー: 2010年代のバイオインフォマティクス, データベース生物学, 雑感 | 遺伝研研究会+DDBJing+AJACSadvanced講習会 はコメントを受け付けていません。