講演や講義

生命科学分野における公共データベース(DB)利用促進のため、本務の統合DB活動と関係したバイオインフォマティクスやデータベース生物学関連の講演や講習会(統合データベース講習会AJACSなど)を日本各地で開催して参りました。大学教員ではありませんので、定期的な講義は担当しておりませんが、DB利用普及に関する単発の非常勤講師や講習会なら官民問わずお受けいたします。

これまで行った講演や講習会はその多くが統合TVから公開されており、またスライドや講習会資料等も可能な限りslideshareや最近ではfigshareで公開しておりますのでご参考まで。

2017年度

2016年度

  • 「ゲノム編集におけるビッグデータ活用」 【講演資料】 JST産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)研究領域 「ゲノム編集による革新的な有用細胞・生物作成技術の創出」キックオフ・シンポジウム 広島 (2017/03/17)
  • 「次世代モデル生物におけるゲノム情報利用ワークショップ 趣旨説明」【講演動画】 国立遺伝学研究所研究会 三島 (2016/12/15)
  • 「DBの流通業10年目の今ー知のめぐりは果たして良くなったのか?」第39回日本分子生物学会年会  (MBSJ2016) 横浜 フォーラム「いかにして使えるデータベースを維持し続けるか?」(2016/12/01)
  • 「公共データベースを活用した知のめぐりのよい医学研究」 岩手にて講演会 (2016/11/10)
  • 「公共データベース活用による知のめぐりのよい医学研究」 大阪にて講演会 (2016/10/19)
  • 「生命科学分野における研究者の投稿先雑誌選択趣向とOAへの意味づけ」第1回SPARC Japanセミナー 2016 (2016/09/09)
  • 「ゲノムと遺伝子発現DBの現状ートランスオミクスのための基礎知識」【講習動画・資料】 jPOST Workshop 2016:プロテオームデータと生命科学データベース、東京 (2016/07/27)
  • 「ライフサイエンス分野データの可視化と共有化」 【講習動画・資料】 統合データベース講習会:AJACS安芸 (2016/07/06)
  • 「遺伝子発現DBの使い方」 【講習動画・資料】 統合データベース講習会:AJACS安芸 (2016/07/05)
  • 「オミックス医学とバイオインフォマティクス」 群馬大学大学院医学研究科 博士課程「病態腫瘍制御学Ⅱ」 (2016/06/23)
  • 「国際塩基配列データベース見聞録」【講演資料】 Mishima.syk #8 (2016/05/28)

2015年度

  • 「遺伝子発現解析-オリエンテーション」【講習動画・資料】 統合データベース講習会:AJACSadvanced(AJACSa)三島2 (2016/02/25)
  • 「次世代シーケンサーから得られたデータの使い方」 【講習動画・資料】 統合データベース講習会:AJACS薩摩 (2016/01/27)
  • 「ゲノム配列とそれに付与されたデータの使い方」 【講習動画・資料】 統合データベース講習会:AJACS薩摩 (2016/01/26)
  • 「バイオインフォマティクス」【講義資料】がんプロフェッショナル養成e-learning講義(2016/01/04収録)
  • 「公共データベースを活用した生命科学研究」【講義資料】 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 メディカル情報生命科学専攻 平成27年度冬学期「情報生命科学特別講義 II」/HPCIセミナー2015  (2015/11/13)
  • 「公共データベースの再解析を例としたIngenuity Variant Analysisによる変異データの絞り込み」【講演資料】Ingenuityユーザーミーティング 東京 (2015/10/02)
  • 「遺伝子発現データベースの使い方」 【講習動画・資料】統合データベース講習会:AJACS津軽 (2015/09/04)
  • 「R/Bioconductorを使った遺伝子発現解析入門」【講習動画・資料】統合データベース講習会:AJACS津軽 (2015/09/04)
  • 「遺伝子発現DBの使い方」【講習動画・資料】 統合データベース講習会:AJACS千里 (2015/06/17)
  • 「ゲノム配列DBの使い方」【講習動画・資料】 統合データベース講習会:AJACS千里 (2015/06/16)
  • 「データベースを活用した知のめぐりのよい生命科学」【講義資料】 東京大学大学院農学生命科学研究科「情報生命工学」(2015/04/27)
  • 「ウェブツール・データベースを活用した知のめぐりのよい生命科学研究」 北海道大学遺伝子病制御研究所 (2015/04/21)

2014年度

2013年度

  • 「公共NGSデータアーカイブの現状と活用法」次世代シーケンサー研究推進のためのデータ解析ワークショップ(2014/03/12)
  • 「公共データベースをどうやってライフサイエンス研究に活かしていくか」盛岡にて講演会(2014/02/06)
  • 「生命科学分野の公共データベース統合化の現状と活用法」福島にて講演会(2014/02/06)
  • 「ゲノム情報を閲覧・取得し、活用する」統合データベース講習会:AJACS肥後(2014/01/23)
  • 「データベース活用による知のめぐりのよいライフサイエンス」九州大学農学部にて講演(2014/01/22)
  • 「データベース統合による知の巡りのよい生命科学」東京大学大学院農学生命科学研究科「情報生命工学」(2013/12/18)
  • 「これからのライフサイエンス研究とバイオインフォマティクス」【スライド】富山大学にて市民公開学術講演 (2013/12/09)
  • 「生命科学研究者は公共データベースをどう使い倒すべきか」大阪大学吹田キャンパスにて講演会(2013/11/26)
  • 「生命科学分野の大規模データ利用技術開発の現状と今後の展開」【スライド】第3回SPARC Japanセミナー 2013 (2013/10/25)
  • 「GeneChip®データの活用法」Affymetrix Webinar (2013/09/19収録)
  • 「ライフサイエンスデータベース統合化の現状と活用法」アジレント・テクノロジー ゲノミクスフォーラム (2013/06/12)
  • 「RNAseq か?マイクロアレイか?~ トランスクリプトーム解析研究の現状と今後」首都大学東京 都市教養学部 理工学系 生命科学教室セミナー (2013/05/31)
  • 「バイオ研究者は大規模データをどう使い倒すべきか」香川大学農学部にて講演会(2013/05/29)
  • 「医科学研究者は大規模データをどう使い倒すべきか」徳島大学医学部にて講演会(2013/05/28)
  • 「データベース活用による知のめぐりのよい細胞生物学」【スライド】東京理科大学にて講義と講習会(2013/05/15)

2012年度

  • 「バイオインフォマティクス」【スライド】がんプロフェッショナル養成e-learning講義(2012/12/27収録)
  • 「データベースから始まる分子生物学~トランスクリプトーム解析研究の新しいスタイル」【スライド】第35回日本分子生物学会年会 福岡 ワークショップ「データベースから始まる分子生物学~研究の新しいスタイルを模索する~」(2012/12/13)
  • 「非モデル生物のトランスクリプトーム解析~RNA-seq か?マイクロアレイか?~」岡山大学資源植物科学研究所 研究集会 岡山 (2012/11/30)
  • 「ライフサイエンス分野の大規模データを解釈し活用する:統合データベースからのアプローチ」化学物質評価研究機構 セミナー 埼玉 (2012/11/20)
  • 「バイオインフォマティクス:データベース統合化によるアプローチ」【スライド】(supplemental material) 第57回日本人類遺伝学会大会 東京 (2012/10/26)
  • 「データベース統合による知のめぐりの良い生命医科学」同志社大学大学院生命医科学研究科 セミナー 京都(2012/09/14)
  • 「知のめぐりの良い生命科学研究者の10の心得」【スライド】第52回生命科学夏の学校 愛知 (2012/08/24)
  • 「新型シーケンサーから得られる大規模DNA配列データを解釈し活用する:統合データベースからのアプローチ」Ingenuity Pathways Analysis ユーザーミーティング 東京 (2012/08/03)
  • 「コマンドラインで遺伝子配列を解析する」統合データベース講習会:AJACS名古屋 名古屋 (2012/07/28)

2011年度

  • 「Integrated database biology with well-curated and well-circulated knowledge(データベース統合による知の巡りの良い生物学)」 第34回日本分子生物学会年会 横浜 ワークショプ「役に立つデータベース、役に立たないデータベース」(2011/12/14)
  • 「データベース統合による知の巡りのよい医学研究に向けたライフサイエンス統合データベースセンターにおける人材育成活動」京都大学大学院医学研究科セミナー(2011/11/21)
  • 「ライフサイエンス統合データベースセンターにおける大規模データの利用技術開発」京都大学化学研究所セミナー(2011/11/21)
  • 「データベース統合によるオープンで知の巡りのよい生命科学研究」東京大学大学院農学生命科学研究科「情報生命工学」(2011/11/16)
  • 「Bridging the gap between data from clinical medicine, genome epidemiology and pharmacological genomics -deployment of TIBCO Spotfire -(TIBCO Spotfireによる臨床情報、ゲノム疫学、ゲノム薬理学的データの統合解析環境構築)」 Spotfireユーザー会 東京(2011/10/07)
  • 「データベース統合に関わる基盤技術開発」トーゴーの日シンポジウム2011 ~ライフサイエンス分野のデータベース統合の“カタチ”を探る~ (2011/10/05)
  • 「データベース統合による知のめぐりのよい実験医学研究への招待」埼玉医科大学ゲノム医学研究センター講演会 (2011/07/20)
  • 「DBCLSにおける大規模データの利用技術開発」統合データベース講習会: AJACS本郷9(2011/07/15)
  • 「Rによる大規模ゲノムデータ解析の企て」Osaka.R#6 大阪 (2011/07/02)
  • 「Visualization and sharing of DNA sequence data from next generation sequencing(NGS) technology by TIBCO Spotfire Web Player(TIBCO Spotfire Web Playerを利用した次世代シーケンサーによる大規模ゲノム配列データの可視化と共有化)」 第10回Spotfireユーザー会 ワークショップ 大阪 (2011/07/01)、東京 (2011/07/08)
  • 「統合データベースプロジェクト:オープンで知のめぐりの良い医学生物学を目指して」東京女子医科大学遺伝医学研究会講演会 (2011/05/27)
  • 「ライフサイエンス分野の統合データベースの活用法とその演習」明治薬科大学大学院ゲノム創薬学特論A (2011/05/23,30)

2010年度

  • 「統合データベースプロジェクトと統合牧場」 統合データベース講演会: AJACS本郷8 (2011/03/18)
  • 「新型DNAシーケンサーからのデータ解析で統合データベースを使い倒すには」第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会 (BMB2010) 神戸 ワークショプ「新型シーケンサーから得られるデータをどう解釈し活用するか:統合データベースプロジェクトからの提案」 (2010/12/7)
  • 「データベース構築・維持・管理の現場から」第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会 (BMB2010) 神戸 フォーラム「私たちの論文以外の活動はどう評価されている?~既存の評価軸に乗りづらい研究者の活動をどう評価するか~」(2010/12/9)
  • 「統合データベースプロジェクト」長浜バイオ大学 バイオサイエンス学部「ゲノム解析学」(2年生) 長浜 (2010/11/11)
  • 「統合データベースプロジェクト:オープンで知のめぐりの良い研究社会を目指して」第50回生物物理若手の会夏の学校「絶対役立つ!ライフサイエンス統合データベース(LSDB)」 一宮 (2010/09/05)
  • 「統合データベースプロジェクトのサービスを使い倒す」、「次世代シーケンサの活用法:データの解析法」統合データベース講習会: AJACSみちのく 東北大学 仙台(2010/08/04,05)
  • 「統合データベースプロジェクト:ライフ・イノベーションによる知のめぐりのよいオープンな生命科学を目指して」脳科学研究戦略推進プログラム 課題A,B分科会 セッション2「発見志向の神経科学に向けて」 at さっぽろ芸術文化の館 札幌 (2010/07/28)
  • 「Visualization of text-based data in life science by TIBCO Spotfire(ライフサイエンス分野のテキストデータのTIBCO Spotfireによる可視化)」第9回Spotfireユーザー会 ワークショップ 大阪 (2010/07/02)
  • 「遺伝子発現情報を使い倒す」AJACS & 第22回DDBJing 講習会 in 東京 (2010/06/23-24)
  • 「統合データベースプロジェクト:オープンで知のめぐりの良い創薬研究を目指して」統合データベース講演会 in 明治薬科大学 東京 (2010/05/12)

2009年度

  • 「はじめに:統合データベースプロジェクトとは?」【講演動画】統合データベース講演会: AJACS本郷6 ライフサイエンス統合データベースセンター 東京 (2010/03/19)
  • 「DNAデータベース総覧と検索、MiGAP、アナトモグラフィー/BodyParts3Dの使い方」統合データベース講習会: AJACS筑後、久留米ビジネスパーク 福岡 (2010/01/18,19)
  • 「生命科学分野のデータベースを統合する仕事:落ちこぼれ大学生が.DB(Doctor of the database)にいたるまで」【講演動画】東北大学脳科学グローバルCOE キャリアパスセミナー 仙台 (2010/01/08)
  • 「統合データベースプロジェクト:オープンで知のめぐりの良い分子生物学を目指して」 【講演動画】第32回日本分子生物学会年会 ワークショップ「ウェット研究者が情報技術的に自立するために:統合データベースプロジェクトからの提案」 神戸 (2009/12/10)
  • 「統合データベースプロジェクト:オープンで知のめぐりの良い生命科学を目指して」 統合データベース講演会 in 静岡県立大学 静岡 (2009/12/04)
  • 「Visualization of transcriptomes from next generation sequencers by TIBCO Spotfire(次世代シーケンサーから得られる配列データのTIBCO Spotfireによる可視化)」Spotfireユーザー会 東京(2009/11/10-11)
  • 「統合データベースプロジェクト:オープンで知のめぐりの良いバイオサイエンスを目指して」統合データベース講演会in 東京農業大学 東京 (2009/11/09)
  • 「はじめに:統合データベースプロジェクトとは?」統合データベース講習会: AJACSりんくう 大阪府立大学りんくうキャンパス 大阪 (2009/11/06)
  • 「統合データベースプロジェクト:オープンで知のめぐりの良い医薬研究開発を目指して」日本製薬情報協議会 情報処理技術検討交換会 大阪 (2009/11/05)
  • 「統合データベースプロジェクト」長浜バイオ大学 バイオサイエンス学部「ゲノム解析学」(2年生) 長浜 (2009/10/16)
  • 「はじめに」、「統合TV」統合データベース講習会: AJACS近江2 長浜 (2009/10/16)
  • 「ライフサイエンス分野の統合データベースの学部や高校教育における活用」日本遺伝学会第81回大会 ミニ・シンポジウム「自分が興味を持つ遺伝子がどの範囲の環境微生物に存在するのかを探索する方法:環境微生物ゲノム配列からのお宝遺伝子発掘の学部や高校教育における活用」 松本 (2009/09/16)
  • 「はじめに:統合データベースプロジェクトとは?」統合データベース講習会: AJACS蝦夷2 札幌 (2009/09/07,08)
  • 「はじめに:統合データベースプロジェクトとは?」、「DNAデータベース総覧と検索の使い方」統合データベース講習会: AJACS三河 (2009/07/10)
  • 「統合データベースプロジェクト:オープンで知のめぐりの良いライフサイエンス研究を目指して」 30分 【動画、スライド他】統合データベースプロジェクト シンポジウム 2009「データベースが拓くこれからのライフサイエンス」 東京 (2009/06/12)
  • 「使い倒し事例」東京大学大学院情報生命科学専攻「Perl演習」 (2009/05/22)
  • 「はじめに:統合データベースプロジェクトとは?」、「データベースを使いこなすための前準備」、「DBCLS目次サービス(DNAデータベース総覧と検索、遺伝子発現バンク(GEO)目次)の利用法」統合データベース講習会: AJACS湘南2 藤沢 (2009/05/15)
  • 「はじめに:統合データベースプロジェクトとは?」、「データベースを使いこなすための前準備」統合データベース講習会: AJACS本郷4 (2009/04/17)

2008年度

  • 「統合データベースプロジェクトとは?」統合データベース講習会: AJACS長津田 横浜 (2009/01/23)
  • 「統合データベース構築・維持のための人材育成活動」 15分 第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(BMB2008) シンポジウム「ライフサイエンス統合データベースプロジェクト」(2008/12/10)
  • 「統合データベースプロジェクト」90分 東京大学農学部生命化学・工学専修「生物情報科学」(3年生) (2008/11/25)
  • 「統合データベースプロジェクト:知のめぐりのよいライフサイエンスを目指して」20分 Spotfireユーザー会(2008/11/07)
  • 「はじめに」 統合データベース講習会: AJACS近江 長浜 (2008/10/31)
  • 「統合データベースプロジェクト:知のめぐりのよいライフサイエンスを目指して」90分 長浜バイオ大学 バイオサイエンス学部「ゲノム解析学」(2年生) (2008/10/31)
  • 「その他DBCLS提供サービスの活用術」統合データベース講習会: AJACS博多 福岡 (2008/10/18)
  • 「統合データベースを使い倒す」統合データベース講習会: AJACS蝦夷 札幌 (2008/08/29)
  • 「統合データベースプロジェクト:知のめぐりのよい生命科学研究を目指して」50分 Ingenuity Pathways Analysis ユーザーミーティング 東京 (2008/08/27)
  • 「統合DBプロジェクトとライフサイエンス統合DBセンター」 日本進化学会第10回東京大会 ワークショップ「統合データベースの活用法:ゲノム情報などを使いこなした効率的な研究のために」 東京 (2008/08/23)
  • 「Perl基礎」 東京大学理学部生物情報科学学部教育プログラム「生物情報科学実験」 東京 (2008/08/04)
  • 「バイオインフォマティクス」がんプロフェッショナル養成プラン e-ラーニング講義 (2008/08/02)
  • 「GFIT(Gene Function Identification Tool)の歴史」 ゲノム情報利用ワークショップ2008 木更津 (2008/07/11)
  • 「使いこなすための最低限のコンピュータ使いこなし術」、「DBCLS独自サービス「目次」、「カタログ」系の使いこなし術」、「教育・人材育成のリソース紹介他」  統合データベース講習会: AJACS本郷1 東京(2008/07/03)
  • 「統合データベースプロジェクトとライフサイエンス統合データベースセンター」統合データベース講習会: AJACS湘南 藤沢 (2008/05/30)
  • 「バイオインフォマティクス」 90分x1回 埼玉医科大学大学院講義「実用実験医学」(2008/04/28)

2007年度

  • 「統合データベースプロジェクトとライフサイエンス統合データベースセンター」統合データベース講習会 AJACS東京 東京 (2008/03/05)
  • 「使い倒し系バイオインフォマティクス」 岩手大学21世紀COEプログラム COEフォーラム 盛岡 (2008/02/28)
  • 「使い倒し系バイオインフォマティクスによる遺伝子発現情報解析」 統合データベース講演会 in 長浜バイオ大学 長浜 (2008/01/25)
  • 「使い倒し系バイオインフォマティクスによる知のめぐりのよい生物学研究への招待」 日本大学生物資源科学部大学院特別講義 90分x1回 藤沢 (2007/10/19)
  • 「トランスクリプトームからの代謝経路の解析」東京大学大学院農学生命科学研究科「情報生命工学」120分x1回 (2007/10/16)
  • 「分子生物学の基礎」金沢工業大学大学院知的創造システム専攻「バイオインフォマティクス基礎特論」 90分 (2007/09/05)
  • 「バイオインフォマティクスの歴史」 金沢工業大学大学院知的創造システム専攻「バイオインフォマティクス基礎特論」 90分 (2007/09/12)
  • 「ゲノム解析」金沢工業大学大学院知的創造システム専攻「バイオインフォマティクス基礎特論」 90分  (2007/09/19)
  • 「遺伝子発現解析の基礎」(マイクロアレイ解析) 金沢工業大学大学院知的創造システム専攻「バイオインフォマティクス基礎特論」 90分 (2007/09/26)
  • 「PerlとPerlモジュール、Rを用いたバイオインフォマティクスプログラミング」金沢工業大学大学院知的創造システム専攻「バイオインフォマティクス基礎特論」 90分  (2007/10/03)
  • 「Perl実戦ー使い倒し系バイオインフォマティクス入門」 東京大学理学部生物情報科学学部教育プログラム「生物情報科学実験」(Perl基礎)180分x2回 (2007/08/27,28)
  • 「バイオインフォマティクス1」、「バイオインフォマティクス2」 埼玉医科大学大学院講義「実用実験医学」(バイオインフォマティクス) 70分x2回 (2007/05/17,22)

2006年度

  • 「Ensemblによるゲノムアノテーションの利用」 国立感染症研究所学友会シンポジウム(2007/03/20)
  • 「使い倒し系バイオインフォマティクスによる知のめぐりのよい生物学研究のすすめ」お茶の水女子大学「魅力ある大学院教育」第6回バイオインフォマティクスへの招待(2007/03/16)
  • 「ゲノムアノテーション使い倒してますか?」第一回機能ゲノミクス研究会/ゲノム情報利用ワークショップ2007 (2007/02/02)
  • 「マイクロアレイデータからのパスウェイ解析」慶應義塾大学理工学研究科特別講義(2006/11/20)
  • 「Expression data integration: application of SayaMatcher to practical microarray analysis」 Receptor tyrosine kinase (RTK) training cource (Workshop on The Seventh International Conference on Systems Biology) (2006/10/12-13)
  • 「トランスクリプトームからの代謝経路解析の実際」 独立行政法人科学技術振興機構 バイオインフォマティクス推進センター(BIRD)ゲノムリテラシー講座 (2006/07/19)
  • 「Comparative transcriptomes under hypoxic stress」 第5回 Cell Biology Summer Meeting (CBSM) 2006 (2006/7/8-9)
  • 「Hacking regulome with SayaMatcher」東京大学医科学研究所 中井研究室セミナー(2006/04/17)

2005年度

  • 「Exploring transcription regulatory network with SayaMatcher」 Omix Informatics Symposium (2006/3/21)
  • 「トランスクリプトームからの代謝経路の解析ー高等真核生物における低酸素ストレスのレギュローム解析に向けて」産業技術総合研究所 生命情報科学研究センターセミナー (2006/2/17)
  • 「Ensmartなゲノムブラウザーの使い方ー葉山edition」総合研究大学院大学特別講義 (2006/2/2)
  • 「腫瘍におけるマイクロアレイデータ解析ーゲノム情報に基づいた代謝経路解析への応用」(特別講演) 第4回 三島脳腫瘍シンポジウム (2006/1/13-14)
  • 「ゲノムスケールの転写因子結合サイト解析」東京大学農学生命情報科学大学院教育研究ユニット アグリバイオインフォマティクスセミナー (2005/12/16)
  • 「マイクロアレイデータからの代謝経路の解析」 九州大学大学院 生物資源環境科学研究府 遺伝子資源工学専攻 セミナー (2005/12/10)
  • 「代謝経路を調節するシグナル伝達ネットワークのリバースエンジニアリングに向けて」 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 情報生命科学専攻 高木研究室 セミナー (2005/11/25)
  • 「これから始めるバイオインフォマティクス-ゲノム配列解析と遺伝子発現データ解析の基礎」テクノシステム セミナー 中央大学駿河台記念館 5F560号室 (2005/11/11)
  • 「ゲノムスケールの転写因子結合サイトと遺伝子発現データの統合解析環境の構築」大阪大学大学院情報科学研究科 バイオ情報工学専攻 ゲノム情報工学研究発表会 (2005/11/3)
  • 「トランスクリプトームからの代謝経路の解析」東京大学大学院農学生命科学研究科 大学院講義「情報生命工学」(2005/11/1)
  • 「実戦的な遺伝子発現データと転写因子予測結合サイトの統合解析」ゲノム情報利用ワークショップ2005 かずさアーク (2005/10/11-12)
  • 「SayaMatcher:ゲノムスケールの転写因子結合サイト予測とゲノムアノテーション情報の統合解析環境」東京大学理学部生物化学科 セミナー(2005/09/30)
  • 「バイオインフォマティクス基礎講義-ゲノム配列解析と遺伝子発現データ解析の基礎」岡山大学 現代的教育ニーズ取組支援プログラム (2005/09/05)
  • 「実践系バイオインフォマティクス(マイクロアレイデータ解析編)」第45回 生化学若い研究者の会夏の学校 (2005/8/19-21)
  • 「The study of transcriptional regulation by genome-wide analysis of nuclear receptor response elements」DNAチップ研究所 講演会 (2005/06/09)

2004年度

  • 「Systematic gene network analysis from genome scale prediction of transcription factor binding sites and microarray data (ゲノムスケールの転写因子結合サイト予測とマイクロアレイデータの統合による遺伝子ネットワーク予測)」第二回 スポットファイアー 日本ユーザー会 (2004/11/11-12)
  • 「Genome scale organization and systematic in silico analysis of nuclear receptor responsive elements (核内受容体制御配列のゲノム規模的なコンピュータ解析)」第二回 埼玉医科大学 ゲノム医学研究センター 研究発表会  (2004/11/2)

2003年度

  • 「Transcriptomics」大阪大学大学院情報科学研究科 バイオ情報工学専攻 ゲノム情報工学講座 松田研究室 研究室合宿 at アイアイランド 大阪府四條畷市 (2003/10/31-11/01)
  • 「トランスクリプトーム解析」 Genome Technology Business Forum 2003 & BioIT World Japan 2003 (2003/09/18-19)
  • 「遺伝子機能予測:これまでとこれから」かずさDNA研究所バイオインフォマティクスセミナー (2003/09/05)
  • 「バイオインフォマティクス ゲノム配列から機能解析へ」宇都宮大学遺伝子実験施設セミナー (2003/06/23)
  • 「Practical application of GO annotation in the FANTOM project」International Workshop on Ontology and Genome (2003/5/20,21)
  • 「ゲノムがトランスクリプトームに出会うとき:60,770個のマウス完全長cDNAの機能アノテーションによって可能となったマウストランスクリプトームの体系的な遺伝子発現プロファイル解析 (Genome meets Transcriptome: Functional annotation of 60,770 mouse full-length cDNAs facilitates systematic gene expression profiling of the mouse transcriptome)」Spotfire主催セミナー (2003/5/6,8)
  • 「求む!バイオIT技術者 〜バイオインフォマティクス最前線の研究者からのメッセージ〜」バイオITアカデミー 特別講演 (2003/4/5)

2002年度

  • 「EnsEmblの織りなすゲノムリソースの見事な調和」生物学者による情報処理技術研究会・第二回交流会 (2003/1/28)
  • 「バイオインフォマティクス-機能ゲノム科学になくてはならないもの」埼玉大学総合情報処理センター講演会 (2003/1/21)
  • 「個体変異解析のためのバイオインフォマティクス」パネルディスカッション SSI 2002 SICE Symposium on Systems and Information 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2002 (2002/11/15)
  • 「ゲノムから機能ゲノム科学へ」横浜バイオテクノロジー懇談会 平成14年度第1回リカレント講座/横浜市立大学リカレント講座「バイオインフォマティクス その概要と実際」(2002/10/30)
  • 「bioinformatics」第75回日本生化学会大会 (2002/10/15) モーニングレクチャー
  • 「機能予測から機能注釈へ- FANTOM (Functional Annotation of Mouse) の経験から」日本発生生物学会第35回大会 ワークショップ 『発生研究のためのEST発現データベース構築』 (2002/05/21-23)

2001年度以前

  • 「MaXML: Functional Annotation of Mouse cDNA clones in XML」 Workshop on Natural Language Processing and ontology building in biology (2002/02/18-20)
  • 「FANTOM cDNA 機能アノテーションによる cDNA マイクロアレイデータ解析」第212回 CBI 研究会 (2001/11/09)
  • 「ポストシーケンス時代のゲノム情報解析」第1回ゲノム情報利用ワークショップ -実験生物学者のためのゲノム情報利用相談室- (1999/12/21-22)
Creative Commons License
ぼうのブログ by http://bonohu.jp/blog is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial 2.1 Japan License.
Based on a work at bonohu.jp.

PDF