drbonobon chapters

Bono本の章立て

Twitterでの反応を見ていると、思ったよりも多くの方にBono本を出すというtweetがfavられているようで嬉しい半面、過剰な期待を抱かせていないか心配になってきた。出版社の人の許可を得たので、章立てを紹介しておく。

物凄く単純で以下のような5章構成。

  1. 生命科学データ解析の歴史
  2. 生命科学分野の公共データベース
  3. データの形式とその取り扱い方
  4. 基本データ解析
  5. 実用データ解析

生命科学における、歴史、公共データベース、データ形式とその解析の基本編と実用編。ページ数的には、第1章の歴史が少ない他は、第3章のデータ形式がちょっと長いぐらいで、他はわりと均等なページ数となった。

もっと詳しく知りたい人向けに、もうちょっと詳しい目次を以下に。

1 生命科学データ解析の歴史
1.1 なぜ今、データ解析か?
1.2 バイオテクノロジーとデータ解析の歴史
2 生命科学分野の公共データベース
2.1 公共データベースとは?
2.2 データベース有償化問題
2.3 公共データベースのデータベース
2.4 塩基配列データベース
2.5 ゲノムデータベース
2.6 遺伝子発現データベース
2.7 遺伝子バリアントと表現型のデータベース
2.8 タンパク質データベース
2.9 文献データベース
3 データの形式とその取り扱い方
3.1 基本リテラシ
3.2 データの形式
3.3 生命科学分野で使われてきたデータ形式
4 基本データ解析
4.1 配列データ解析
4.2 数値データ解析
5 実用データ解析
5.1 遺伝子機能データ解析
5.2 遺伝子発現解析
5.3 遺伝子バリアント解析
5.4 エピゲノム解析
5.5 メタゲノム解析
5.6 統合解析

追記

amazonのBono本のページに上記の章立てを含む参考情報が2018年5月末現在、掲載されている。


Written by Hidemasa Bono in drbonobon on 水 20 9月 2017.