MacMini 2018

ぼうのブログ引越し

新しく買ったMacMini2018にサーバー移行作業。

基本、

  • 「画面共有」をオン
  • 「リモートログイン」をオン

にして手元のマシンから。 ブログコンテンツの引越しがメイン。 やったことは以下のような感じ。

SSHの設定

リモートログイン(ssh)を手軽に使うために、公開認証鍵を作成。

# ssh-keygenの実行
ssh-keygen -t rsa -b 4096

ホームディレクトリ以下の.sshディレクトリに出来たid_rsa.pubファイルの中身を、リモートマシンのホームディレクトリ以下の.sshディレクトリにあるauthorized_keysというファイルに書き込む。 そのファイルがなければ作成する。 すでにそのファイルがあれば、追記(1行1エントリ)。 その際気をつけるのが、そのファイルは自分しか見えないようにパーミッションを変更すること。

# chmod authorized_keysファイルのパーミッション変更
chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys

ウェブサーバーを自動起動に

Apacheは最初からインストールされているので、 システムの起動と同時に自動でそうなるように。

# apacheを自動起動するように
sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/org.apache.httpd.plist

データの転送

rsyncでディレクトリの中身をファイルツリーごと一括転送。 古いマシン上で以下のように入力して転送。 192.168.xx.xxは新しいマシンのイントラネット上のIP address。

# ネットワーク越しのファイルツリーのコピー
rsync -avv -e ssh  /Library/WebServer/Documents 192.168.xx.xx:/Library/WebServer/

場合によっては、chownchmodで権限の変更が必要かも。

Homebrew のインストール

Homebrewのウェブサイトにある通り、以下のコマンドで。

# Homebrewのインストール
/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

wget

wgetを使って定期的に自分のIP addressを伝えているため、インストールした。

# Homebrewでwgetインストール
brew install -v wget

byobu

ログ監視や継続したセッション維持のため、byobuも。

# Homebrewでbyobuインストール
brew install -v byobu

古いマシンの設定ファイル(ホームディレクトリの.byobuディレクトリ以下)を最初の起動の前にコピーしておくと、前の設定のまますぐに使える。 古いマシン上のホームディレクトリ上で、以下のように入力して転送。 192.168.xx.xxは新しいマシンのイントラネット上のIP address。

# .byobuディレクトリ以下の引越し
rsync -avv -e ssh  .byobu 192.168.xx.xx:

Written by Hidemasa Bono in misc on 日 13 1月 2019.