Category: misc

4日ぶりのWiiFit

Written by bonohu in misc on 日 28 6月 2009.

なんやかんやで、帰りが遅く。できる時にはやりつづけるように。定番の腕立て伏せ、腹筋、インナーマッスル、ランジは欠かさずに。運動貯金34。

Continue reading »


Twitter bot「body3d」

Written by bonohu in misc on 日 28 6月 2009.

アナトモグラフィーWeb APIを使い倒して、Twitter上でこのbotに対して臓器名(例えば「心臓」とか)をtwitするとその臓器の画像をURLで返してくれる、そんなTwitter bot「body3d」がg86(ハチロク世代)によって考案、そして開発されました(詳しくはこちらのウェブページを)。統合データベースプロジェクトで作成維持管理されているサービスを使って何か作ってみようということでオリエンテーションがてら自発的に考えて始めてくれたプロジェクトでしたが、ここまでのqualityのものを作りあげてくれるとは、いやはや「さすがです!」。

広報普及宣伝活動の一環として、Twitter上に居る人々(ついったーたー)にも統合データベースプロジェクトの成果物「アナトモグラフィー/BodyParts3D」を広めてくれたと思います。とりあえずインディーズ公開という形で、今後どういう方向に持っていくかということを含めて彼らと考えていきたいと思います。

Continue reading »


HK充

Written by bonohu in misc on 土 27 6月 2009.

隙をついて布団のみならず、下に敷いているスノコまでも。洗濯も溜まりに溜まっていて3run。

Continue reading »



カフェ本

Written by bonohu in misc on 金 26 6月 2009.

DBCLSに出入りしている某研究者から教えてもらってランチ遠征。

http://www.cafehon.net/

定点観測的な生姜焼き定食を。900円と高いなあーと思ったが、量がたっぷり。味噌汁もセルフサービスでたっぷり具を入れて、むしろ「食べる」感じ。ウェブサイトから落とせるサービス券持参でコーヒーゼリーのオマケ付き。

しかし、この店、どうやら二回目らしい。はるか昔、学部生の頃に当時学部卒業後に行くかどうか迷っていた会社の就活担当者様と話し合いをした店に違いない。赤門前近くということと、二階で窓からは本郷通りが良く見渡せたということだけは記憶していたが、二階に上がっていってと店内のイメージとかが引き金になってその当時の記憶が沸々と甦ってきた。東京大学に関係のない某法人の某センター勤めなのに東京大学本郷キャンパスに通うようになって今度の7月1日で丸二年。それほど積極的に、ではないが探していた店がついに見つかった。無くなっていたピースが埋まるように。そう、本郷キャンパスには縁のなかった駒場生の数少ない本郷での想い出だから。

Continue reading »


At last

Written by bonohu in misc on 金 26 6月 2009.

手に入れた。Apple Store, Ginzaにて、予約時間通り10:00。なぜか暑くてじめじめした中、店の外に列ばさせられる。。どうしてだろう?人が列んで買いにきているということを他業者に見せたいがためか?それに対する代償なのか、iTunesのOne Free Songのカードが配られた。そんなこんなでほどなく4階で手続き&activation。

うまく仕事に活用できそうだが、いぢりすぎると仕事にならん、というジレンマ。

Continue reading »







十割そばなランチ

Written by bonohu in misc on 火 23 6月 2009.

正門方面の新規開拓で。それほど食べたわけではないのに(とはいえ、大盛りだったが)、夕方になっても腹が減らないのは?おかげで、女王様からずっと狙われているPIZZAじゃがりこを献上奉ることができず。。

Continue reading »




休カン日

Written by bonohu in misc on 日 21 6月 2009.

もろもろ痛めつけたため、ゆっくりした一日。「肝臓」だけでなく、「感情」も。その結果、もろもろ生活必需品を切らしているor切れかけていることが判明。梅雨の合間に買い物に行かねば。。

Continue reading »


6日ぶりのWiiFit

Written by bonohu in misc on 日 21 6月 2009.

だった。気づかぬうちに長い間空いてしまった。ちょっとサボるとすぐにスコアが如実に崩れる。というわけで復帰戦の今日はとくに念入り気味に、ヨガと筋トレをほぼ全部。結果、運動貯金50。

Continue reading »


過橋米線

Written by bonohu in misc on 土 20 6月 2009.

雲南料理。五千円のコースで飲み放題&これでもかといわんばかりの料理を堪能。濃かったのは集まったメンツだけでなく、料理も…。ちょっと塩がきつかったが、なかなか。また行ってみたい。

Continue reading »


iPhone3GS予約

Written by bonohu in misc on 土 20 6月 2009.

@Apple Store, Ginza. 意外にあっさりと。黒32Gbyteを。

その後、中央通りを徒歩で北上。45分ぐらい。いい散歩だった。献花してあるのを見て、一年前のあの事件を思い出すとともに、中央通りがホコ天になっていないことに気づく。そういえば、秋葉原駅北西方面(末広町の辺り)に来たのもかなり久しぶり。十五年前頃は、アキバというといつもこの辺に来ていたのだが…。様変わりしている街に驚愕するオヂサンである自分を認識したり。

Continue reading »


日本遺伝学会第81回大会の要旨

Written by bonohu in misc on 金 19 6月 2009.

をまだ日程も決まっていないのに登録せよとのことなので、時間のあるうちに。ミニシンポジウムの講演ということだが、交通費等はこちら持ちなんだろうな、例によって例のごとく。なのに昔の留学先の先生とかはビジネスクラスで呼んでいたりするんだろうな、例によって例のごとく。

Continue reading »


それ以外何していたのだろう

Written by bonohu in misc on 木 18 6月 2009.

というほど取り立てて何をしたわけでなく敗北感が漂う。実際にはいろいろと対応すべきメールのやりとりとか、出張事後処理とかやったようだが。それだけではやはり「何か」物足りない。

Continue reading »


DDBJing2日目

Written by bonohu in misc on 木 18 6月 2009.

ちょっと長くて途中でだれてしまったが、こちらから乗り込んでいくことで得るものがあった。DDBJの兄弟分としてDBCLSがあることを印象づけることもできたようだし。今後も積極的に情報交換をして、人と人とのつながりを大事にしたい。

Continue reading »



DDBJing1日目

Written by bonohu in misc on 水 17 6月 2009.

他山の石。淡々と進行していくのには正直驚いたが、普通はそんなものなのだろうか?飛び入りで統合データベースプロジェクトの横断検索を紹介させていただく。ちょうどタイミングよく持っていた新しいパンフレットも配らせていただいたり。

Continue reading »


うなよし本店

Written by bonohu in misc on 水 17 6月 2009.

構えからして行列ができる曜日&時間帯がありそうな感。だが、平日の開店後すぐだったため、列ばずにすんだ。上を。かなりのボリュームがあって驚いた。味もなかなか。

Continue reading »


まとめた効果あまりなし

Written by bonohu in misc on 月 15 6月 2009.

ということで。昨日の計算はすべて分割してすることに。そうしてもそれほど無駄な計算をたくさんするというわけでもないようなので。その後の処理もかなり厳しいstringencyじゃないと上限を超えてしまうようで、最高にきつめに設定してこれで大丈夫なはず。と思ったら、また別の部分で引っかかったり。でもそこも分割することで。

Continue reading »


移植性向上

Written by bonohu in misc on 月 15 6月 2009.

懸案だった部分を動くようにする。今日やったことはこれに尽きるが、その待ち時間に他のマシンでも使えるように、スクリプトや出力データの置くディレクトリを分離するように書き直したり。

しかし、結局その先の部分で落ちる罠orz。

Continue reading »






統合データベースプロジェクトシンポジウム2009

Written by bonohu in misc on 金 12 6月 2009.

口頭発表する機会をいただき、それなりに用意して臨む。しかし、直前の講演*1が意外にも我々と同じ路線のそれだったので、前半は繰り返し「また同じ話かよ」モードだったかも。前半はこれまで繰り返し各地の講習会で話している内容だったのでそれなりにこなれて話が出来たかと。問題は『DBCLS=ライフサイエンスデータの「上水処理場」+「下水処理場」』のプレゼン以降の後半で、今回がお初のパート。統合DB講習会ではその後に各種サービスの講習をやるので一切話さなかった部分。それを、手短に、できるかぎり網羅的に、話す必要があり、プレゼン作成の時にもかなり悩んだ部分。時間がなかったらさくっと流す予定だったのが、ここに差しかかった時点で与えられた時間(質疑応答を入れて30分)の半分以上残っていてわりと時間があったのでちょっと丁寧目に話す。特に、この2年間で一番エフォートをつぎ込んでやってきた思い入れの深い統合TVに関しては、実際にウェブブラウザ上で動画を再生して見せるデモまでも*2。プレゼンはいつものところにPDFで

最終的には、講演部分は全体で25分とちょうどいい時間で終われたが、質疑が続出。結果として時間オーバー。それも私では答えられないような、わりと高い次元のそればかりで。東京大学のKさんに指摘された、キーワード検索以上の「統合検索」とでも言うべき何かは、今後g86の皆と取り組んでいくべき宿題として持ち帰らせていただいたつもり。今後、より精力的に取り組んでいきたい。また、大阪大学のKさんからいただいた『(「making-of-統合DB」とでもいうべき …

Continue reading »



なんとか口頭発表

Written by bonohu in misc on 木 11 6月 2009.

もカタチにする。「大阪共同利用キカン邦人」として、落としどころを用意したので、盛大に笑うように。ただ、「ここで笑えへんかったら、ほか笑うとこないでー」的に、その場所は一箇所しかないので、それだと思った瞬間に行動をとること。ご協力の程、よろしく。

Continue reading »


午前にポスター発表

Written by bonohu in misc on 木 11 6月 2009.

仕上げる。懸案の最後の決め台詞は最後まで考え抜いた挙げ句の出力。

未発表なデータセットについても速やかな公開を前提にご相談に乗ります

Continue reading »




とりあえずのパイプライン完成

Written by bonohu in misc on 火 09 6月 2009.

午前の会議以外は、一日中端末に向かう。昨日まで書き散らしたスクリプト群をまとめながら「清書」。その結果、週末のポスター発表に出す中身完成。一部不具合があるが、まあとりあえずのプロトタイプとしてはオッケーということで。

Continue reading »


新型が出た日に…

Written by bonohu in misc on 火 09 6月 2009.

MacBookAirのヒンジ壊れる。これは新型を買えというフラグなのだろうか?

それはともかく、iPhoneの新型が出るまで待っていたわけだが、文句無く新型のiPhone3GS買う決意を固める。

Continue reading »


ターミナル充

Written by bonohu in misc on 月 08 6月 2009.

id:Hashによる「SIBMLによるターミナル改造計画」DBCLS後のHashthonでMac OS XのTerminal改造したりとか - ミームの死骸を待ちながらに触発されて、Visorを導入。なぜかSIBMLはすでに入っていた(一時期やっていたSafariの改造関係?)。それによりこれまでいちいちターミナル窓を新規に開いてやっていたターミナル操作(例えば、mvやrsyncとか)が非常に楽にできるようになり、作業効率が格段に向上した。そのせいか、コードを自分で書いてやる仕事が大幅に進んだ。これで今週末のアレ、なんとかなりそうです!id:Hash、そしてid:mickey24さまさま。ありがとう!

Continue reading »






週末WiiFIt

Written by bonohu in misc on 土 06 6月 2009.

苦手な立ち木のポーズを久しぶりにやると最高スコアが出た。少しはトレーニングの成果が出ているのかもしれぬ。ジャックナイフ、腕立て伏せ、インナーマッスルなトレーニングはいつも通り忘れずに。さらに週末ということで、有酸素運動も。こちらはまだまだ苦手レベル。運動貯金32。

Continue reading »


DBCLSのRA

Written by bonohu in misc on 土 06 6月 2009.

基本的な考え方を示しておかないと、と思ったので。

ライフサイエンス統合データベースセンターの簡略形、DBCLSはDatabase Center for Life Scienceという英語組織名のacronym(頭文字)であることからわかるように、「ライフサイエンス関係の」データベースのセンターです。そもそも研究所という範疇になってはいるものの、「研究開発は行うが、サービス事業」(参考PDF、これの19ページ目)をやっているわけで、その後者の部分をお手伝いしてもらっているという認識です。またアルバイトも、RAというResearch Assistantの頭文字な名前になっていますが、これも他の国立の研究所に「右へならえ」した結果の「痕跡」であり、研究開発をやってもらうつもりでは基本的にはありません。しかしながら、それに興味あるとか自分の研究テーマにしたいというのなら話は別です。ただ、その場合も本業の大学院の研究テーマとしっかり切り分けてやっていただく必要が出てくるであろうと思いますが。

なんか、自分がセンター長のような感じのこと書いていますが、これはid:sayamatcher個人の見解であって、組織としての考え方を代表しているものではありません、念のため。

Continue reading »


gift

Written by bonohu in misc on 金 05 6月 2009.

本日午前届いた模様。六月のすべての記念日に間に合ってよかった。

Continue reading »



10人

Written by bonohu in misc on 金 05 6月 2009.

過去最多。これだけの人がいるとさすがにわが精神と時の部屋も広くは感じない。

Continue reading »