Category: misc

スタートラインを前に置く

Written by bonohu in misc on 月 30 3月 2009.

「はじめに線虫ありき―そして、ゲノム研究が始まった」アンドリュー・ブラウン著、長野敬+野村尚子訳 p241より

「それに独力で遺伝子を手に入れなければならなかったら、皆争って得ようとするだろう。違う方向からこぞってその遺伝子に向かって、結局は同じ遺伝子の配列決定しようということになってしまう。でもその遺伝子を彼らに渡してしまえば、結局多かれ少なかれその遺伝子について様々に違う方向性を追求することになった。それがボトルネックだった。わかるでしょう。配列が手に入りさえすれば、みんな自分のやり方で自分の夢を追求できた」。

Continue reading »


サルストン曰く

Written by bonohu in misc on 土 28 3月 2009.

「はじめに線虫ありき―そして、ゲノム研究が始まった」アンドリュー・ブラウン著、長野敬+野村尚子訳 p233より

> > 「上司と部下がいることを正当化できる唯一の道は、部下ができること全部、あるいはそれ以上のことを上司ができるかどうかということだ」

Continue reading »


農ゲイ化学会年会3日目

Written by bonohu in misc on 土 28 3月 2009.

ランチョンセミナー当日の昨日よりも来客はぐっと少ない。予定よりも一時間も早く店じまいに。

振り返って思うに、ブースで短焦点プロジェクターが大活躍したと思う。stillなパネルよりも表現力が格段に高い。とくに動画が見せられる点や、(光で映し出すのだから当然なのだが)画面が明るいという点も大きなadvantage。もう一台ぐらいは置いて客寄せ用の別のコンテンツをendlessで流し続けるようにすべき。それ用の「統合CM」も。さっそく作成検討を開始。いろんなサービスを5-15秒ぐらいで紹介して行って興味のあったサービスを訊き出して、その参考詳細資料をお持ち帰りいただくみたいな流れがいいのかな.もちろん、どかっとワンセット渡すことも一通り資料が欲しい企業の研究員の方等向けに重要であることには違いないが。

Continue reading »


ウォーターストン曰く

Written by bonohu in misc on 土 28 3月 2009.

「はじめに線虫ありき―そして、ゲノム研究が始まった」アンドリュー・ブラウン著、長野敬+野村尚子訳 p240より

「われわれが情報を出せば出すほど、問題は少なくなった。(反対に)情報を限定すればするほど、われわれと交渉せねばと思ったり、特別にアクセスできるかとか、人より先にスタートを切れるだろうかなどと算段する人が増えてしまう。情報をただ出ししてしまえば、万人が同じ基盤を得て、情報について自由に語れる。全情報がそこにあるのだから」。

Continue reading »



「比較」ゲノミクス

Written by bonohu in misc on 金 27 3月 2009.

ゲノミクス

ゲノミクス

「ゲノミクス」Lesk著 坊農秀雅 監訳 三枝小夜子 訳 p298 より

> > ハエと哺乳類を比較することで、異なる生物種のそれぞれの複雑さの中で見落とされがちな、共通の基本的な特徴が見えて来る可能性がある。 > > > >

Continue reading »





祝!出版

Written by bonohu in misc on 木 26 3月 2009.

ちなみに、単著ではなく、翻訳。そのうち修正されるとは思うが…。

ゲノミクス

ゲノミクス

上のリンクから辿れるamazonではもう予約できるが、来週ぐらいから書店に並ぶのではないか、と出版社の人談。練習問題が豊富で、大学院生の授業なんかにいいんじゃないかと。ええ、自画自賛です(w

Continue reading »



全てがハードワーク

Written by bonohu in misc on 水 25 3月 2009.

「はじめに線虫ありき―そして、ゲノム研究が始まった」アンドリュー・ブラウン著、長野敬+野村尚子訳 p184より

「科学はますます当たり前のものになってきた。つまり味気ないものになった。オーケー、さあこれが遺伝子。行ってシークェンスしなさい。で、シークェンスしたら今度はどの細胞で遺伝子が活性になっているか、どこにRNAがあるか調べなさい…面白くもおかしくもない。(中略)私は本当に面白い科学上の疑問を問いかけることができたし、次の日に答えが得られた。それが今では労働者チーム一つで四年間研究して、やっと何かが得られるご時世だ。」

Continue reading »




「共有する」ということを共有すること

Written by bonohu in misc on 火 24 3月 2009.

「はじめに線虫ありき―そして、ゲノム研究が始まった」アンドリュー・ブラウン著、長野敬+野村尚子訳 p179より

会合や『広報』を通してボブ・エドガーが線虫コミュニティに移植しようと努力したのは、ファージ・グループの自覚された自信だけではなかった。結果と技術を共有するという慣行もまた、遺伝学の遺産から受け継がれた。

あまりにも共有しないことを共有する伝統が根付きすぎているのを何とかしたい。

Continue reading »


自宅ジム作業

Written by bonohu in misc on 月 23 3月 2009.

WiiFitやっていた時間が1:01で、運動貯金が40。新しい種目がいろいろ出てきて&これまでやっていた種目の回数が増えることで時間も増えて。しっかり、懸案のインナーマッスルを鍛えるメニューも。時間とココロに余裕がある時は多めにやっても罰はあたるまい。その後、風呂でまさに汗を流す、ということで帰宅後充。そして疲れて眠くなるといういい流れにしたいが、果たして。

Continue reading »


常識のように聞こえるが…

Written by bonohu in misc on 月 23 3月 2009.

「はじめに線虫ありき―そして、ゲノム研究が始まった」アンドリュー・ブラウン著、長野敬+野村尚子訳 p150より

「私の前に彼らがやっていたことを真似したくない。無益な競争は嫌だ。やることはいつでも沢山あるし、誰かの領分に踏み込むのは愚かなことだ。」

同意。

Continue reading »



ウチバリカン

Written by bonohu in misc on 日 22 3月 2009.

中9週間。冬で寒いということもあり、大分空いたな。いつも通り3mm。今週末出張で営業活動がある&春で暖かくなってきたし。

Continue reading »


日曜もWiiFit

Written by bonohu in misc on 日 22 3月 2009.

馴れてきて、回数が増えてくると一度に溜まる運動貯金も多くなるわけで、30。しかし、最悪の0点を出してしもた。もっとインナーマッスルを鍛えねば。

Continue reading »



モデル生物の真骨頂

Written by bonohu in misc on 日 22 3月 2009.

「はじめに線虫ありき―そして、ゲノム研究が始まった」アンドリュー・ブラウン著、長野敬+野村尚子訳 p142より

線虫の透明な体を通して、ある動物個体のうちにある細胞ばかりでなく、全ての動物のうちにある遺伝子の働きを、彼らは見つけた。それは目論見通りに、動物の世界を全部見通すことのできる透明なレンズとなったのだ。

そして今、次のフェーズとして複数の「レンズ」でもって全部を見通すことが求められている。

Continue reading »



「ソフト」サイエンス

Written by bonohu in misc on 土 21 3月 2009.

「はじめに線虫ありき―そして、ゲノム研究が始まった」アンドリュー・ブラウン著、長野敬+野村尚子訳 p136より

「放射活性、ゲル、分子を相手にしたハードサイエンスだった。そして自分(ホーヴィッツ)の目で直接見るものが、(彼らが)シンチレーションカウンターの打ち出した結果から見てとっていたのと同じくらい信頼できる科学的情報なのだということを、(私は)確信しなければならなかった。」

「ソフト」なんだけど、再現性と客観性を兼ね備えた方向に進んでいきたい。

Continue reading »





研究かくあるべし

Written by bonohu in misc on 金 20 3月 2009.

「はじめに線虫ありき―そして、ゲノム研究が始まった」アンドリュー・ブラウン著、長野敬+野村尚子訳 p127より

サルストンは歴史を作ろうとしていたのではなく、人類に役立てようとさえしていなかった。もっと深くもっと強い力に駆り立てられたのだ。物をいじくり回し、そして理解したかったのだ。

Continue reading »


突貫工事

Written by bonohu in misc on 金 20 3月 2009.

と思われる音で目覚めることを余儀なくされる。休日なのに。ちょっとは考えろよ。年度末進行?雨が降ったら止めるくせに。。

Continue reading »