BH10.10 day3

Written by bonohu in misc on 水 20 10月 2010.

今日からハッカソン。やはりここには居場所がない自分。それが再確認できた。それだけでも収穫だったといえよう。

Continue reading »


BH10.10 day2

Written by bonohu in misc on 火 19 10月 2010.

昨日の続き。いちいちツッコミいれていると時間がもったいないので、twitterでハッシュタグをつけて思ったことをダダ漏れに。意外にこれがよかった。参加者からの質問もそれで解決するとログにも残るし最高!

確かに顔をあわせて意思の疎通を図るのはいいかも。ただ、特定の人の自己中心的な世界に合わせるために集まっているわけではないから。そこんとこよろしく。

Continue reading »


BH10.10 day1

Written by bonohu in misc on 月 18 10月 2010.

twitterなどでより多くの人に意見を知らしめ、ログを残すことを推奨する自己紹介を。現にこのブログもその日のtwitterを元に思い起こしてログにしているわけで。

Continue reading »


新センター長歓迎会

Written by bonohu in misc on 金 15 10月 2010.

知らねばならない、お互いに。こちらに入ってきてもらうんじゃなくて、それぞれのバックグラウンドを「元手」に新たな研究開発に挑むんだから。

Continue reading »



Biocuration2010 3日目

Written by bonohu in misc on 水 13 10月 2010.

自分が研究対象としていた10年以上前と技術的にそんなに変わっていないところが悲しいというか、なんだかな…。

所用(成果の確定調査)で午前のみ。東京にいるとこういう参加の仕方ができるからありがたい。あのころとは待遇的には年契約のポスドクということで大差ないのに、立場は大幅に変わったものよ…。

Continue reading »


Biocuration2010 2日目

Written by bonohu in misc on 火 12 10月 2010.

データのcurationは、データを利用するには非常に重要にもかかわらず(便所の掃除と一緒で)誰かがやってくれるだろうとなりがち。それらなくしてはデータベースは使い物にはならないだろう。でもすべてをmanual curationで、とはいかなくなってきている今、うまくコンピュータを利用してそれを補完するものを維持していくことが現実的な解法。ただ、その際には独りよがりな基準でやるのではなくて、多くの専門家たちとの議論を経た上でやるべき。

完全無欠にほど遠い人間が公共の利益を実現するためには、派閥的なこだわりを捨てた公正な議論が欠かせず、そのためには各自が私心を去らねばならない。

Continue reading »



ウチバリカン

Written by bonohu in misc on 日 10 10月 2010.

中5週間。来週、再来週と外勤だし。でも自分で発表するわけではなく…最近こういうパターンになりつつあるなぁ。かつてはその種の集まりに出る際の自分への制約条件として発表することを課していたのだが…。

Continue reading »


新センター長顔合わせ

Written by bonohu in misc on 木 07 10月 2010.

ということで自己紹介がてらそれぞれにやっていることをポスターなど使って紹介。それぞれにやっていることがやっている人以外からは分かりにくくなっている現状を再認識。新センター長が言われた「研究開発」へのシフトと併せてより分かるようにしていくべき。

Continue reading »


ライフサイエンスの未来へー10年先のデータベースを考える

Written by bonohu in misc on 火 05 10月 2010.

本年度の職場主催のシンポジウム。

Entrez使ったことない人がNCBIを目指せといってくる笑い話のような現実も老害を廃する等改善すべき。日本語が母国語なのに統合TVのサイトに行き着いたことがない、というのはもはやそのカテゴリーだと分かるほどカバー率も上がっており、いいマーカーとなっていることに今回いろんな人と話して気づいた。

その一方で、知のめぐりをよくする「データ流通業者」である我々は、実際の業者さんがそうしているように「商品」についての知識をもっと持つべき。残念ながらそのへんの努力が足りないな、と反省。そのためにはどうすべきかを考えていかねば。

Continue reading »


不健康診断

Written by bonohu in misc on 月 04 10月 2010.

午前に。今回はいろいろあってBaSO4を飲むことに…orz。かえって(一時的だが)不健康になったような…。

その後、AJACS本郷7。会場の都合もあり、主にUST参加。これまでとは趣向が異なり、補完的でよかったのではないかと。

Continue reading »


BioJapan2010 2日目

Written by bonohu in misc on 木 30 9月 2010.

午前お手伝い。珍しく、ユーザの方がいて、GEO目次への鋭い指摘をいただく。

その後、IPAユーザー会へ。ここでも10分話させていただく。その後、ブース出展的なポスター発表というかPCとiPadでのデモというか。新規ユーザ獲得に努める。

Continue reading »


BioJapan2010 1日目

Written by bonohu in misc on 水 29 9月 2010.

全日お手伝い。LSDB知らない人が多くて、効果としては高い気が。でも、その人達が今後恒常的なユーザと成りえるかは疑問。アンケート事項に年代も加えていいのではないかと。

その後、囲む会。自分の果たすべき役割を今まで以上に考えてふるまっていくべきと暗に知らされた気が。

Continue reading »


口頭発表@第69回日本癌学会学術総会

Written by bonohu in misc on 金 24 9月 2010.

演者の数と総割り当て時間からして10分だろうと、何分話していいか知らないで臨んだが無謀だった。縁台に立って7分と知る…orz。いつもよりかなりハイスピードで話したのでよくわからなかったんじゃないかな…

でも今回は参加して良かった。いろいろと現場にいなくてわからない情報のupdateができたし。

Continue reading »


第69回日本癌学会学術総会

Written by bonohu in misc on 木 23 9月 2010.

大阪中之島の大阪国際会議場とリーガロイヤルホテル大阪にて。学術総会はこれで三度目の参加。

厚生労働科研費のプロジェクトの共同研究打ち合わせも夜に。

Continue reading »


一回休み

Written by bonohu in misc on 水 22 9月 2010.

さすがに、ちょっと休ませていただく。洗濯物も山ほど、肉体的疲労も山ほど。午後に大阪に向かう。

Continue reading »


パブコメ

Written by bonohu in misc on 金 17 9月 2010.
ライフサイエンス分野は近年出てくるデータ量が多く、それらが欧米ではきちんとインフラとして機能している一方で本邦ではそれらにぶら下がって利用しているだけで、とくに母国語である日本語でのリソースが極端に少ない。それらのリソースを主に維持管理するこのプロジェクトは優先的に推進すべきであると思います。 > > > > 研究者でも専門を外れると専門家でなく母国語である日本語でのリソースが非常に有用なのにそれが現時点ではあまり整備されていないため、専門の壁がなかなか超えられていない現実があります。また、日本語のリソースが蓄積していくと将来的にはそれらを自由に閲覧利用して専門家でない国民の科学レベルの底上げになるのではないかと考えます。

Continue reading »



ゲノムテクノロジー第164委員会第34回研究会

Written by bonohu in misc on 金 10 9月 2010.

という集まり。文部科学省のとなりのビルの霞山会館(カザン、と読むらしい)にて。

趣旨がどこにあるのかよくわからないけど、やっぱりちょっと詰め込みすぎ。闊達な議論を望むのであればもっと演者数を絞るべき。そのためにか最後に懇親会があるのだろうけど、次週からのイギリス行きの準備ができておらず失礼した。

まだまだ、だしたデータをきっちりアーカイブして必要であれば使っていくという流れは感じられず。

Continue reading »


一回休み

Written by bonohu in misc on 月 06 9月 2010.

大学院生の頃に気持ちだけは戻ってトークに花を咲かせたが…そのツケで今日一日不調…やはり歳には勝てんなぁ。でも、多くのYouBowな学生さんと一杯話をしてココロは超元気に。また明日から元気に仕事できそう。

Continue reading »


第50回生物物理若手の会夏の学校

Written by bonohu in misc on 日 05 9月 2010.

大学院生時代に参加者、スタッフとしてつないできたタイマツが次の世代に引き継がれ…。ついにこの会に講師として参加する日がやってきた。でもランチョンセミナーのそれだが。夜の自由討論会でもいろいろと話すことができてよかった。また機会があれば。次はいつになるのかな…

Continue reading »







どう進めていくか

Written by bonohu in misc on 木 26 8月 2010.

を今日も考える。昨日流した動画リストにアクセスしてくるapacheなログを背景に。結論はある程度見えているものの、まだ実際に手を下せないでいるのはまだ自分の中にモヤモヤした、霧の掛かった部分がその先行きにあるからなのだろう。そんななかでも進めていかねば、もういい加減に>自分。

Continue reading »