土用の丑

Written by bonohu in misc on 金 21 7月 2006.

花和楽の湯へ。その途中、福にて土用の丑ということもあり、いつもの「竹」重。が、いつもほど手間がかかっていないっぽく …

Continue reading »


SGP

Written by bonohu in misc on 木 20 7月 2006.

久しぶりに「新世界」。でもなんか、こう冴えないのは頭が重いからか、朝へんな夢を見たからか?風邪引きかけなのかも。

Continue reading »


KSC

Written by bonohu in misc on 土 15 7月 2006.

ちょっとしばらくぶりに。ついてからタオル1セット忘れたことに気づくorz。ストレッチしようにもスペースがなく…。仕方がないのでそのまま筋ト …

Continue reading »






QOL向上?

Written by bonohu in misc on 土 08 7月 2006.

ワインセッションでの奮闘もあって。複数の先輩たちのご意見、ご感想をいただく。しかし、悪事は万里を走るというか …

Continue reading »


lucアッセイ失敗

Written by bonohu in misc on 木 06 7月 2006.

帰りがけにまたlucアッセイに。今日は全くみられず。残念。

元気だったらKSCのつもりだったが、風邪の諸症状が出てきて断念。夜はいつもの半額サラダ …

Continue reading »



なんか忙しいながらも

Written by bonohu in misc on 火 04 7月 2006.

早めに仕事を切り上げてcarrefourへ。午後8時半に閉まるQBhouseに滑り込みセーフでカット、スポーツ刈り短め。ここまで来たのでサラダだけ買うつもりが…。ま、いろいろと。一度 …

Continue reading »



KSC again on Thursday

Written by bonohu in misc on 水 28 6月 2006.

行く途中、レーンを間違えて入ってくる車を複数台目撃する。ルール違反は危ない。

なぜか駐車場は空いていて地下に …

Continue reading »



KSC on Tuesday

Written by bonohu in misc on 月 26 6月 2006.

第一、第三火曜日は休みのKSCだが、今週は第四のためやっている。が、しかし超込み。駐車場は一番上の三階まであがらないと …

Continue reading »


SGP on Monday

Written by bonohu in misc on 日 25 6月 2006.

何気に初めて。レストランが月曜休みなため、これまで月曜日は避けられてきたような。というか、温泉も月曜日休みだ …

Continue reading »


静養

Written by bonohu in misc on 土 24 6月 2006.

正午辺り起床。身体が痛い。学会であれほど不摂生をしていたのに体重、体脂肪率ともほとんど変化なし。おいしいもの …

Continue reading »






梅雨の晴れ間?

Written by bonohu in misc on 日 11 6月 2006.

たまには気分を変えて、新しくできた299バイパスを通って高麗駅方面巾着田経由で。本当の狙いは299バイパスに咲くあじさいを見たくて。まだ咲いていなかった模様。それでもラボまで25分だった。それほどい …

Continue reading »




梅雨入りか?

Written by bonohu in misc on 木 08 6月 2006.

ラボに来るまでフロントワイパーを動かしたのはたったの5回。撥水剤の効果は凄い。

梅雨入りしたらしい。楽しいはず …

Continue reading »



某申請書書き(宵山)

Written by bonohu in misc on 火 06 6月 2006.

起きるとのどが痛い。Y君もそうだとのど飴を戴く。以前から部屋にホコリが溜まっているのが気になっていたので、掃除機をO君の助けを得て、かける。気持ち的 …

Continue reading »




RNA and I in 2005

Written by Hidemasa Bono in about on 土 01 10月 2005.

執筆は2005年

RNAと私の10年

私事で恐縮だが、私は今年(2005年)、大学院に入ってからちょうど丸10年を迎えて区切りの年を迎えている。つまり、本格的な研究生活10周年を迎えたわけである。これまで、人と …

Continue reading »